门源| 确山| 宜兰| 马祖| 轮台| 夏邑| 高青| 岫岩| 嘉兴| 会理| 东乡| 陆丰| 广丰| 民勤| 沙河| 扬州| 雷波| 松江| 珠穆朗玛峰| 定州| 靖安| 海宁| 苍溪| 阳春| 息县| 崇礼| 苏州| 会东| 双阳| 龙州| 望城| 临夏县| 普定| 慈溪| 东兰| 临川| 文水| 邕宁| 同心| 香河| 望谟| 深州| 招远| 东山| 黟县| 梁平| 新乐| 垦利| 济南| 南浔| 古田| 南昌县| 新津| 漳浦| 青川| 申扎| 新龙| 永春| 天水| 洛隆| 岢岚| 共和| 东兴| 巴楚| 玉树| 乐昌| 泌阳| 西乌珠穆沁旗| 攸县| 陵县| 林芝镇| 滨州| 达日| 大姚| 拜泉| 大洼| 新蔡| 禹城| 宜宾县| 福建| 道孚| 资中| 东乡| 阿拉尔| 清徐| 株洲县| 镇康| 新宾| 雷山| 安化| 福州| 江宁| 华容| 馆陶| 阜城| 鹤庆| 林西| 察哈尔右翼后旗| 兰溪| 康县| 驻马店| 资中| 新源| 盐城| 梅里斯| 明溪| 衡阳县| 鸡泽| 湾里| 邗江| 鹤庆| 河津| 蓬溪| 桐柏| 台北县| 沈丘| 岳池| 德安| 东至| 札达| 昌平| 宁陕| 赣州| 博罗| 镇赉| 郫县| 海淀| 砀山| 师宗| 大洼| 蠡县| 神农架林区| 台山| 台南县| 侯马| 杭锦旗| 九龙| 高台| 大冶| 彰化| 郓城| 黔江| 黄岩| 古蔺| 清镇| 鸡西| 三门| 定边| 兴国| 鄂托克前旗| 二连浩特| 乡宁| 勃利| 桦川| 清镇| 宜兰| 新晃| 城固| 长安| 丹东| 广丰| 额尔古纳| 郎溪| 金堂| 卓资| 罗平| 古县| 仙桃| 嘉定| 银川| 津南| 平川| 太谷| 通江| 牙克石| 古县| 林口| 锦屏| 基隆| 防城区| 雷山| 河津| 邓州| 常州| 迭部| 仙游| 穆棱| 贺州| 鞍山| 瓮安| 梅里斯| 九江县| 胶南| 石家庄| 罗定| 灌阳| 桓仁| 昌邑| 米易| 富阳| 美溪| 丽水| 临澧| 肇东| 西青| 弓长岭| 凌云| 商城| 南沙岛| 山丹| 巫溪| 屏南| 雷山| 镇雄| 南华| 安泽| 绿春| 岳普湖| 溧阳| 通山| 茶陵| 和政| 辽中| 邵武| 容县| 潜山| 王益| 嘉禾| 淳安| 元氏| 赵县| 远安| 乌兰察布| 栾城| 通山| 江陵| 丰润| 新乐| 尖扎| 深圳| 威信| 马关| 博乐| 红安| 阜新市| 民丰| 泗阳| 兴城| 仁化| 环江| 蒲县| 百色| 邱县| 贵港| 吴江| 岐山| 新宾| 云南| 东光| 冕宁| 红安| 大名| 普兰店| 宽城| 喜洋洋刮刮乐下载
:
外交部、日本の2017年版『外交青書』の中国に関する内容について回答
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2019-10-19 15:20:40 | 新華網 | 編集: 张一

??新華網北京4月27日(記者/孫辰茜)中国外交部の耿爽報道官は26日の定例記者会見で日本の『外交青書』の中国に関する内容について回答した際、中国側は中国の主権と安全に挑戦するいかなる行為にも引き続き断固として対応していくと表明した。

??ある記者が次のように質問した。報道によると、日本?外務省は25日に2017年版『外交青書』を閣議に提出し、中国が「透明性を欠く形で」軍事費を増やし、軍事力を強化したことに注目している。そして、中国の東中国海、南中国海での活動に対し、日本側は一方的な現状変更を試みていることに反対し、中国公船が釣魚島海域に頻繁に「侵入」している行為に「毅然」且つ冷静に対応していく、と伝えている。また、同青書は、日中関係は最も重要な二国間関係の一つで、日本側は戦略的互恵関係の枠組みのもとで、両国の地域?国際社会における協力関係を固めていきたいと伝えている。中国側はこれに対してどのように論じるか?

??耿爽報道官は次のように表明した。中国側は平和的発展の道を進むことを堅持し、同時に国家の領土主権や海洋権益を揺るぎなく守っていく。中国は釣魚島及びその付属島嶼、南沙諸島に対し争う余地のない主権を擁している。中国側の関連の海域での公務活動は合理的且つ合法的であり、中国の主権と安全に挑戦するいかなる行為にも引き続き断固として対応していく。

??中日関係について、耿爽報道官は次のように述べた。中国側の立場は一貫した、明確なものだ。4つの政治文書と4点の原則的共通認識を基礎として、両国関係が安定的に改善に向かうよう推進することを望んでいる。肝心なのは、日本側が対中認識を正し、中国の発展の事実に客観的?理性的に向き合い、関連の文書と精神に確実に従い、海洋問題を含む矛盾や相違を適切に処理して、中日関係と地域の平和?安定に新たな妨害をもたらすのを防がねばならないことだ。

?

(新華社より)

?

推薦記事:

中国外交部、安倍首相の靖国神社への供え物の奉納について質問に答え

ニュース分析:日本「海軍陸戦隊」が機動力を強化——島上陸に限定されない

新華網日本語

外交部、日本の2017年版『外交青書』の中国に関する内容について回答

新華網日本語 2019-10-19 15:20:40
标签:打卡 球球大作战名字带图案 府青路街道

??新華網北京4月27日(記者/孫辰茜)中国外交部の耿爽報道官は26日の定例記者会見で日本の『外交青書』の中国に関する内容について回答した際、中国側は中国の主権と安全に挑戦するいかなる行為にも引き続き断固として対応していくと表明した。

??ある記者が次のように質問した。報道によると、日本?外務省は25日に2017年版『外交青書』を閣議に提出し、中国が「透明性を欠く形で」軍事費を増やし、軍事力を強化したことに注目している。そして、中国の東中国海、南中国海での活動に対し、日本側は一方的な現状変更を試みていることに反対し、中国公船が釣魚島海域に頻繁に「侵入」している行為に「毅然」且つ冷静に対応していく、と伝えている。また、同青書は、日中関係は最も重要な二国間関係の一つで、日本側は戦略的互恵関係の枠組みのもとで、両国の地域?国際社会における協力関係を固めていきたいと伝えている。中国側はこれに対してどのように論じるか?

??耿爽報道官は次のように表明した。中国側は平和的発展の道を進むことを堅持し、同時に国家の領土主権や海洋権益を揺るぎなく守っていく。中国は釣魚島及びその付属島嶼、南沙諸島に対し争う余地のない主権を擁している。中国側の関連の海域での公務活動は合理的且つ合法的であり、中国の主権と安全に挑戦するいかなる行為にも引き続き断固として対応していく。

??中日関係について、耿爽報道官は次のように述べた。中国側の立場は一貫した、明確なものだ。4つの政治文書と4点の原則的共通認識を基礎として、両国関係が安定的に改善に向かうよう推進することを望んでいる。肝心なのは、日本側が対中認識を正し、中国の発展の事実に客観的?理性的に向き合い、関連の文書と精神に確実に従い、海洋問題を含む矛盾や相違を適切に処理して、中日関係と地域の平和?安定に新たな妨害をもたらすのを防がねばならないことだ。

?

(新華社より)

?

推薦記事:

中国外交部、安倍首相の靖国神社への供え物の奉納について質問に答え

ニュース分析:日本「海軍陸戦隊」が機動力を強化——島上陸に限定されない

010020030360000000000000011100441362404561
三门峪 月读 龙呤小区 宗奎 遵义县
康有为墓 杨井镇 麦积山风景局 朱雀山 江苏常熟市海虞镇
经典老虎机街机 cf手游大全 守望先锋麦克雷视频 熊猫pk10计划软件免费版 中国3d大兵鬼魂图
zceyt.icu mzfnn.icu aaxjy.icu nzppt.icu jdusy.icu
nchjy.icu bxsqn.icu oxgfx.icu lyodt.icu oasut.icu
cmqdw.com.cn ufymj.icu uaydr.icu bdxis.icu efmcg.icu
yuabq.icu hhhme.icu fcfim.icu lvndu.icu nttby.com.cn